格安SIM

iPhoneの機種も、以前よりも気軽にSIMフリーの端末を購入することができるようになってきました。その為、ドコモ、ソフトバンク、auの三大大手キャリアではなく、MVNOの会社と契約し使用することができるようになりました。このMVNOとは、仮想移動体通信事業者のことで、自分では回線を持っていないため、大手キャリアから通信設備を借りてサービスを提供する会社です。日本国内では、mineoをはじめy.u mobile、楽天モバイル、BIGLOB、LINEモバイル、IIJmio、gooSimseller、DMM mobileなどがMVNOにカテゴライズされます。

大手キャリアからMVNOに変更する最大のメリットは、やはり通信料金のリーズナブルさにあります。特に格安SIMは、大手キャリアの半分程度にもなるサービスもありますので、かなりお得です。特に最近ではiPhoneだけでなくAndroidの本体価格が高騰しだしていますので、こういったリーズナブルなサービスに人が流れる傾向があります。

ひと昔前はSIMロックされていたために、自由に好きなキャリアを選ぶことができませんでしたが、現在ではSIMロック解除の義務化が浸透しておりますので、好きなキャリアに移動することができます。iPhoneに機種変をしたタイミングで通信会社の見直しをしてみてはいかがでしょうか?

Copyright ©iPhoneとAndroidの違いや選び方, All rights reserved.